東京都の奥多摩町や千葉県南房総、神奈川県、富士山山麓、山梨県八ヶ岳山麓
清里高原、丹波山村の田舎暮らし格安古民家物件なら購入・賃貸の失敗はない

格安物件の充実を図れば田舎暮らし希望者が大勢集まり村が栄える

古い空家(古民家)は壊してもお金がかかるし、修復するにもお金がかかる。で、あれば、古い空家(古民家)を無料で賃貸で貸し、
入居者負担で自由にリフォームしてもらえば、貸主、借主双方の利益になり、村も賑わう。これを三方良しとも言う??

「スポンサーリンク」


このブログを検索

ブログ「田舎暮らし格安物件を探す」内にある名言

戦争をしてまで「豊かな生活」を欲した戦前の日本
原発事故を引き起こしてまで「豊かな生活」をエンジョイしたがる戦後の日本
ブログ 田舎暮らし格安物件を探す
http://inaka-kakuyasu.blogspot.jp/  より


上記は2016年11月10日 無欲元気さんのTwitterへの投稿内容です
https://twitter.com/tomi_eo/status/796686491116310528

2016年1月16日

千葉県で古民家賃貸の田舎暮らし賃貸格安物件を探してみて分かった注意点

千葉県の2階建て御殿風古民家賃貸格安物件購入(賃貸)注意点

昔、千葉県で古民家賃貸の田舎暮らし賃貸格安物件を探した事がある。
最初は千葉県の山間の村や町で探していたが、次第に海の傍に住みたくなり海辺の古民家を探す事にした。
ところが、山間の村や町では結構見かけた築100年前後の古民家賃貸の田舎暮らし賃貸格安物件であったが、海辺では全く見かけられなくなった。
最初は千葉県の山間の村や町ではちらほら見かけた築100年前後の古民家賃貸の田舎暮らし賃貸格安物件だったのに、千葉県の海辺では全く見かけられなかった理由が分からなかったが、ある日偶然にカーラジオから流れて来た津波関連の話を聞いたとたんにその理由が判明した。
そして、千葉県の海辺で古民家賃貸の田舎暮らし賃貸格安物件を探す時の注意点なるものを自然に考え始めたのである。
九十九里浜から数キロ以内でも、築50年位までなら御殿風の古民家は所々に存在する。
そういう古民家を購入(賃貸)する時の注意点は、必ず2階建てにしたい。
これは何の科学的な根拠がある訳ではないが、千葉県の九十九里浜から数キロ以内で見かける御殿風の古民家は、見るからに躯体がしっかりしているので、3m位までの津波が襲来しても、2階へ避難していればぎりぎり大丈夫な様な気がします。
もちろん、全速力で山のある方向へ逃げたり、丈夫な鉄筋コンクリートの高い建物へ避難する事が一番大事な注意点ですので、誤解無き様よろしくお願いします。

0 件のコメント:

注目の投稿

田舎暮らし格安物件の古民家などを購入したり賃貸する目的は?

田舎暮らし格安物件の古民家で無農薬で有機栽培の家庭菜園 田舎暮らし格安物件の古民家などを三浦半島か奥多摩か南房総で購入するか賃貸で借りる目的は、生活習慣病の糖尿病予備軍から抜け出るためである。 東京ではお金を儲けるために、朝から晩までシャカリキに働いてきた。 そのおかげで...

人気の投稿